imo Android

2020.06.2071

imo-ビデオ通話とメッセンジャーは連絡先の方とチャットしたり音声通話電話を完全に無料で行うことが可能となるアプリケーションです

現在ではインスタントメッセージ、チャットとVoIPプロトコルを使用したビデオ通話アプリの膨大な種類がマーケットにあります:WhatsApp、LINE、Facebook Messenger、Skype、Viber...どれを選べばいいか決めるのは用意ではありませんが、誰もがどれかを選択する必要に迫られます。imo-ビデオ通話とメッセンジャーもそのようなアプリの一つで、連絡先の相手とコミュニティーするための優れたオルタナティブとしてかなり前から有名です。

これはAndroid向けのアプリケーションでありVoIPプロトコルをしよう位sたコミュニケーションシステムを提供します。これはつまりテキストメッセージを送ったりチャットするだけでなく、アジェンダの連絡先の方と簡単にインターネット接続を使用して電話を行ったりビデオ通話を行うとが可能で、3G、4GやWi-Fiネットワークを使用できます。

どちらが優れている?Skypeかimoか?

この疑問が生じるのは普通で、Microsoftのコミュニケーションクライアントはこのサービスを何年も前から提供しており、このビデオ通話の世界ではスタンダードとして評価されています。実際、Skypeするという言葉がビデオ通話を意味することもあります。

imoで行えるのは類似した機能ですが大きな違いとして制限がありません:すべて無料です。つまり、好きな場所にクレジットをチャージする必要なく通話できます。これによって値段やコミュニケーションが違うことから通話の料金が大きな問題となっている国ではリファレンスアプリケーションとなっています。

質の良いSkypeに対するオルタナティブ。

主な特徴

以下がこのアプリケーションの主な機能と特徴です:

  • 無料で通話したりメッセージを送信でき、3G、4GやWi-Fi接続だけで行えます。
  • 素晴らしい画質と音質でボイス通話やビデオ通話を楽しみましょう。
  • 友達、家族やワーキンググループでグループチャットしましょう。
  • 写真や動画を共有できます。
  • コミュニケーションをスタンプを送信して行えます。
  • タブレットに対応しているデザインもあります。
  • チャットや通話できる相手の連絡先の表示を行います。
  • グループチャット機能。
  • インターフェイスのパーソナライズが可能です。
  • 特定のユーザーをブロックできます。
  • 同時に複数のセクションを行うことが可能です。

これはモバイルアプリとして誕生したサービスですが他のプラットフォーム向けにも開発されていきました。これはiPhoneやWindowsパソコンを含み、これらのオペレーティングシステムではデスクトップクライアントもダウンロードできます。これによってAPKをダウンロードしてエミュレータを使用するなどの複雑な作業は必要なくなりパソコンのデスクトップからかい的にアプリケーションを使用できます。

最新バージョンの新機能

  • ネットワークと通話の改善。
条件と追加情報:
  • 対応OS Android 4.0.
  • アプリ内購入の提供
imo Team
先週
06/29/20
44.5 MB

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続